ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > トピックス > 米栂 スリット・ラフソーン

米栂 スリット・ラフソーン

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月19日更新

熊本のキトレペ建築設計事務所さんの<るりあん>というお店にいろんな木材を使って頂き、とてもカッコいいお店ができたのでアップさせて頂きます。店の性質上照度が低いのですが、こんな店が近くにあるなら、是非行ってみたいです。

米栂の壁板は柾目材にスリットを入れることで、小幅の板が張られているように見えます。また表面はラフソーン(鋸挽き)仕上げ。仕上感がマットです。米栂もかつてはいくらでもある木材でしたが、米栂製材が国内に少なくなってきたことで、いろんな商品を作るのが難しくなってきています。また、米ツガを染色するのも良いです。米栂は塗料の吸い込みが場所によって濃淡が出る木なので、同じ塗装をしても色にグラデーションがでるという素敵な性質もあります。

この「米栂スリット・ラフソーン」は、『つくるシリーズ』のオリジナル商品です。

米栂のラフソーン仕上のパネリングを、熊本の店舗で使用いただいた写真

米栂のラフソーン仕上のパネリングを、熊本の店舗で使用いただいた写真