ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ストーブショップ 三秋の森 > お知らせ > 2018年 > 薪ストーブってほんとに大変? 

薪ストーブってほんとに大変? 

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月11日更新

新築やリフォームの計画において、お話を聞いていると、薪ストーブって憧れるよね・・・とか、メンテナンスや薪の調達が大変だし面倒、うちの家には似合わない・・・など、憧れで終わっていたり、大変だと誤解して選択肢から外しているお客様がすごく多いです。こんなに愉しくて良い暖房器具があるのに、選択肢から外される事はほんとうに残念な事です。
少しでも多くの方に薪ストーブの良さを知ってもらいたい。

そんな想いを、これから数回に分けてお伝えして行きます。

その① メンテナンスが大変・・・?

殆どのお客様が、まず最初にメンテナンスが大変?と言われます。実は、大変ではありません。
薪ストーブにとってメンテナンスは必要不可欠です。年に一度の煙突掃除や本体の点検をお願いしていますが、ほとんどのオーナーさんが弊社に依頼されます。オーナーズグラブに入会して頂いたオーナーさんは、23,000円(税別)+出張費(南予、東予)で煙突掃除と本体の点検を行っています。薪ストーブを安心して安全に長く使って頂く為、アフターサービスは万全です。日々のお手入れはオーナーさんにやって頂かないといけませんが、ガラスのお手入れと、灰の処理くらいです。毎日使用していると徐々に硝子に煤が付いて来ます。せっかくなので、炎が綺麗に眺められた方が良いですから、1週間に一度程度はふき取っていただきます。灰の処理についても、毎日行う必要はありません。灰は完全燃焼すると、思った以上に溜まりません。焚き方や燃やす樹種、薪ストーブに機種にもよりますが、1週間に一度程度処分していただきます。畑や家庭菜園に撒いて頂ければ、肥料にもなります。
 

その① メンテナンスが大変・・・?